PSプロダクツ お問い合わせ


車いすを検討していても何が良いのか、自分、利用者に合った車いすが何かわからないという方は多いのではないでしょうか。
「この車種で良いのか」「このサイズで大丈夫なのか」と迷うことも多々あるでしょう。
それぞれの状況にあわせた選び方のポイントをご紹介します。


■身体の状態にあわせて
①自力で座位が保てない
特徴:細かい車体調整

肘掛け・座面の高さ調整、肘掛けの跳ね上げや脱着、足置き部の開閉や脱着、背・座面シートの張り調整など、
車いすの各部の調節機能を持った車いすです。
移乗の際に介助が必要だったり、自力では座位が保持できない場合、
それぞれの方に合わせた調整をいたします。
②手や腕の力が弱い
特徴:手や指での操作性

腕や足で自走式の車いすの操作ができなくても、手や指での操作が可能な場合は、電動式の車いすでの走行が可能です。
操作は、主にハンドルで操作するタイプと、
ジョイスティック(前後左右に倒すことで、前進・後進、右折・左折を行う棒状の装置)で操作するタイプの
2つに分けられます。
③成長期で体格が変化しやすい
特徴:体に合わせて拡張

力の弱い子どもでもこぎやすいよう、後輪が大きく、少ない力でも動かせるように作られている車いすです。
大人用に比べ座幅をせまく、前座高を低くしてあります。お子さんの身長・身幅に合わせて調整いたします。


■詳細についてはお問い合わせください。

利用される皆様のご要望をお伺いし、何を重視し、何をポイントに見極めて選択するべきかを、お客様お一人お一人にあわせ一緒に考えてまいります